ABOUT Rosicについて

Rosicストーリー

Rosicストーリー

Rosic人材マネジメントシステムが誕生、
活用されるようになるまで

1998年に創業したインフォテクノスコンサルティングは、システムの受託開発を行う技術者の集団でした。日々、実際にシステムを活用するユーザー様と直接打合せをしながら、様々な方面のシステムを設計・開発し、運用のお手伝いをしてきました。

システム導入のきっかけの多くは、業務の効率化、コストの削減です。しかし、システム活用が進むと、システムへの期待は、そこで得られるデータを使って、業務の質を上げていくというステージに進みます。ただ、人事の分野に目を向けると、労務管理・勤怠管理・給与支給にシステムを活用するところで留まり続けていました。

そこで、人事・給与パッケージシステムの開発経験がある技術者と、事業会社の人事・人事コンサルタントを経験してきたシステムコンサルタントが、「人事の世界にも、生産や流通、営業、マーケティングのエリアと同じくらい、業務の質を上げることに貢献できるパッケージソリューションを提供したい」という思いで、2003年に、Rosic人材マネジメントシステムを生み出しました。

2003年頃のシステムを取り巻く状況は、汎用機と呼ばれる大型コンピュータ上で動くものから、標準化されたオープン系の技術を使った小型のサーバーで動くものへのシフトが進むといったものでした。日本の人事でも、「人事・給与システム」をオープン系のパッケージに置き換えていくことが、大きな流れになってきた時期でした。その中で、「人事の業務の質向上のためのシステム」という考え方を理解されることは難しく、Rosicがなかなか受け入れられない時がしばらく続きました。

Rosicのコンセプト Rosicが選ばれる理由・力を発揮しにく…
資料請求をご希望のお客様へ

下記ページの応募フォームから
必要事項をご記入いただいた方に、
Rosic「ロシック」人材マネジメントシステム
シリーズのご案内、機能紹介の
資料をお送りいたします。ぜひご登録ください。

資料請求はこちらから
資料請求はこちらから